SponsoredLink

フラコラ、唯一のデメリット

飲むコラーゲンとして、美容効果の高さから人気のフラコラ。しかし、人によっては「ブツブツができた」「目の上が赤くなった」など副作用か?と思われるような症状が起こる人も。フラコラの口コミなどを見ると、そこそこ見受けられます。


コラーゲンを始め、お肌にいい成分ばかりを含んでいるはずのフラコラ。それが何故肌トラブルを招いてしまうのか?原因は、フラコラに配合されている大豆イソフラボンにあるようです。


2006年に厚生労働省が大豆イソフラボンの摂取過多で起こりうる害について言及しました。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、過剰に摂取すると月経の乱れを引き起こしたり、子宮内膜症などのリスクが高まるそうなんです。


一応、フラコラ500の販売元である株式会社協和は、大豆イソフラボンの含有量については基準値内であり問題がないとの見解を示していますが、人によってはやはり副作用とも呼べるような状態を引き起こしてしまうこともあるようですね。


ちなみにコラーゲンは過剰に摂取しても体外へ排出されます。つまり、美容効果を期待するあまりフラコラをがぶ飲みしても、コラーゲンは体外へ出るし、大豆イソフラボンは過剰摂取になるしでいい事はない、ということ。何事も適量が一番なんですね。


フラコラの美容効果は、山内貴美子さんが立証してくれたとおり、素晴らしいものがあります。しかし、人によってはフラコラを飲むことで多少副作用めいた症状が起こりうるのも事実。フラコラの評判ばかりに気を取られず、まずはお試しで1パックから初めてみるのがいいかもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5226521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック